適度なスロープと変化に富んだインコースとともに丘陵地形を生かし、異なった趣きを加えています。

  • No.10 Par-4

    365Yards(343Yards) HANDICAP 12

    第1打は、長打を狙えばフェアウェイ右端。左のクロスバンカーは、絶対に避けたい。
    クラブの選択と、第2打地点の左下りのライに技量が試される。
    2打目左注意。
    ※Tショット右「ファー」
    ●RTから打ちおろしー6Y
  • No.11 Par-4

    442Yards(398Yards) HANDICAP 4

    第1打の落下地点左右にOBはあるが雄大で広いので、豪快にショット。
    1打は山ももの木を狙う。
    第2打地点の左下りのライに注意。右KGは、やや打下しとなるので短目に。
  • No.12 Par-5

    528Yards(522Yards) HANDICAP 6

    第1打の狙い目は、左クロスバンカー方向に。右側にはブラインドになるが、池が待ち構えている。
    2打目左OB注意。赤白の鉄塔方向が安全。
    グリーンの中央より奥へ下っているので、要注意。
    ※第1打がOBの場合は前方特設ティーより、第4打にてプレーする。
  • No.13 Par-4

    301Yards(297Yards) HANDICAP 16

    距離の短いやや右にドッグレッグしたミドルホールです。
    ●RTからFWコーナーまで200Y
    ●LTからFWまで150Y
    ※第1打が対岸に達しなかった場合、前方特設ティーより、第4打にてプレーする。
  • No.14 Par-3

    123Yards(107Yards) HANDICAP 14

    RTより打ちおろし10Yの池越えのショートホールです。
    ※第1打がOBの場合は前方特設 ティーより、第4打にてプレーする。
    ※球が、ラテラル・ウォーターハザードに入った場合は、1打の罰を加えて、前方ドロップゾーンよりプレーする事ができる。
  • No.15 Par-4

    358Yards(337Yards) HANDICAP 10

    第1打・2打とも打ち上げのミドルボール。
    第1打地点からは、ブラインドになっていてグリーンは見えないが、フェアウェイ中央からやや左目狙いが良い。
    ●残150Y地点からの打ちあげ
     +6Y
    ●残100Y地点からの打ちあげ
     +2Y
  • No.16 Par-5

    529Yards(522Yards) HANDICAP 8

    第1打は打ち下しとなり、フェアウェイも広いので思い切りショットが出来ます。
    第2打以降は、打ち上げが続くロングホール。
    ●残200Y地点からの打ちあげ
     +25Y
    ●残150Y地点からの打ちあげ
     +10Y
    ●残100Y地点からの打ちあげ
     +5Y
    ※第1打が対岸に達しなかった場合、前方特設ティーより、第4打にてプレーする。
  • No.17 Par-3

    131Yards(110Yards) HANDICAP 18

    フラットで距離も短い、易しいショートホール。
  • No.18 Par-4

    376Yards(359Yards) HANDICAP 2

    最終池越えのミドルホール。
    目の前の池は、気張らずにクリア出来る。
    KG左横附近の通称”地獄谷”には、打ち込まないように。BGは右 ※第1打がOBの場合は前方特設ティーより、第4打にてプレーする。
    RTより池越え150Y